シミをレーザーで治療した体験

      2018/07/31

シミができやすい体質で、20歳過ぎからでき始めました。30代の初めに、久しぶりに会った友人から、両こめかみにできた目立つシミのことを指摘され、気になってしょうがなくなりました。

まず、近所の皮膚科へ足を運び、そこから、より設備の整った
形成外科を紹介していただき、一番気になっていた両こめかみの
目立つシミをレーザーでとってもらいました。

初めての時は、緊張しましたが、結果、きれいに取ることができました。
痛みは、ゴムでパチンとはじくような感じで、がまんできないほどでは
ありませんでした。

費用は、保険が効かないので、3万円ほどかかりました。
シミを取ったあとは自然にかさぶたがとれるまで、2週間ほど薬をぬりながら
テープを貼って保護します。かさぶたがとれた後の肌は、生まれたての肌で、
刺激に敏感なので、紫外線対策が肝心です。

シミを取る時期は秋冬の季節が向いているでしょう。
その後、シミを取ったか所は、きれいなままで、新たなシミがでてくることは
ありません。

ただ、その他のシミが逆に目立つようになったので、
2年ほどの間に時期を見て、数回シミ取りのレーザー治療を受けました。
現在は、年も経て、日焼け止めと日傘や帽子で紫外線対策をする毎日です。
それでも年々シミは出てきます。

外に出る時は気をつけているのだけれど、
春夏は、部屋の中でも紫外線対策は必要なのですね。
女性にとってシミとの戦いは一生続いていくのでしょう。
これからは、自分でできるケアを頑張ってやっていこうと思っています。

おすすめのシミ消しクリーム

 - シミ